ブログトップ

いつでも、どこでも、アメリカでお買い物!

ringostar2.exblog.jp

カテゴリ:バック達( 4 )

届いた★

注文していたBe&Dのバックが届きました♪

スタッツが沢山ついているわりには、軽い。重いかもと心配していたからひと安心。 
ピンクは渋めで想像していた色と違ったけど、革が柔らかい。霜降り牛を常温で触るような感覚です。柔らかいから肩にかけたときのフィット感が良く、返品はしない予定です。

以前、ミネトンカの【ムーススキン】のモカシンを購入したとき、革の柔らかさにたまげました。ムーススキンは、「何コレ?! 履いたら溶けちゃうんじゃないの?!」と思うほど柔らかかった。しかし靴底のゴムは履き難かったです。。。 今年から改善されたらしく、今期のモカシンは履き易いかもしれません。感触フェチの人にはおススメです。

b0153464_5434895.jpg

b0153464_552643.jpg

[PR]
by ringo-star2 | 2009-02-11 05:55 | バック達

Be&Dのバック

前々から気になっていたBe&Eのバック。

しかも非常にお得になっており、半年以上前から気になっていました。今でも在庫があるようで思わず『カートに入れる』をクリックしたくなります。

だって、だって、だって、だって。
(「だって」と言ってはいけないと母親に怒られたのを思い出します。)

$1100→$300 ですよ! 何と言う割引率!! うっすらピンク色にころんとした形にスタッツが粋。
b0153464_528294.gif
 

$890→$250! こちらも大変は割引。ベージュ色好きなので、そそられる。
b0153464_5311313.gif


数回利用したことがある信頼できるセレクトショップなので、ポチっとクリックしようか悩み中です。それに送料も$100以上は無料だし。

悩みは、バックの重さ。あれだけスタッツが付いていれば重いかもしれないしな。重いバックは遠慮したい。店頭で販売されているクロエやマークのバックは、凄く重くて2キロ以上ありそうだったから、そうでないと良いけど。

昨夜、ビールのほろ酔い気分の勢いで、Mulberryのバックをついにクリックして、最終段階手前で合計額の7~10%ほど関税(?)として余計にかかることが発覚。一気にMulberry熱が冷めました・・・。送料も有料だったし。

う~ん。う~ん。う~ん。としているうちに半年経過。
返品も出来るし、ポチかな~。

デザイナーさんはラオス出身の方だとは知りませんでした。
「Be&D」のデザイナーは、ラオス出身のビー・インサヴォン氏とニューヨーク州出身のスティーブ・デュマン氏の男性デュオ。2004年にデビューを飾り、瞬く間に有名エディター、スタイリストなどのファッション関係者やセレブリティーを魅了した。ブランド名は2人のファーストネームから取られている。

[PR]
by ringo-star2 | 2009-02-02 05:42 | バック達

再びMulberry

どっから見ても可愛い。。。。。

ここ最近、Mulberry公式サイトにアクセスが上昇したら、きっと私だと思うほど、サイトに見とれてしまいます。

欲しい物は、だんだん決まってきました。大きさは小さめ。次に悩むのは、色。キャメル・チョコレート・黒の3色展開で、チョコレートかな。でも夏だと暑そうかな~。

そして、セールになっているゴールドのバックも大きさも丁度よく素敵。これは夏だったら、眩しすぎるかな。

「プレシャス」の表紙の小雪さんに今までググッとしなかったので、この雑誌を購入したことが無かったんですが、立ち読みしたら、あら、イヤだ、素敵♪ 金額的には手も足も何も出ないけど、あの雑誌に掲載されている組み合わせや商品などにホレました。それに加え、モデルさん達が上品でとにかく綺麗! もし表紙がゴクミだったら、毎月3冊は絶対に買うのに。

そうしたら、なんと!!!Mulberryのバックを発見★ やっぱりチョコレートかな。
日本だと4万円ほど高いみたいです。
b0153464_319394.jpg


これもホレタ一枚です。
b0153464_3244793.jpg


う~ん。どれも素敵。
[PR]
by ringo-star2 | 2009-01-26 03:34 | バック達

バック

以前、シャネルのバックを出品していました。

後に出品を中止して、削除しちゃったけど。

アクセス数から見るとやっぱり人気だなと実感。その中で一番多かったお問い合わせは、「本物ですか?」でした。高額だし、偽物も出回っている物だけに、最も気になる点ですよね。自分がネットで買うとなると相当疑います。そこで、シャネルの店頭で購入してもらった方が良いのではないかと思ったのが、取り止めて理由です。

取寄せ先は、ニーマンマーカスのカタログ注文です。ある意味カタログを持っていないと注文できない品のようで、オンラインで商品を検索すると、写真も「CHANEL」という文字も掲載されず、だたの真っ白な画面なのです。

このパフキルティングバックの正規価格は、$1995。今の為替で、18万円弱です。
b0153464_3213049.jpg


自伝は泣けます。孤児になったシャネルは、修道院で自分の名前を呼ばれたときは、よく泣いたそうです。 入所時は、「ちょっと!」「あんた!」なんて呼ばれていたんでしょうね。それが、自分の名前で呼ばれたら、本当に自分は孤児になったと自覚し、いっきの涙が溢れたようです。

いつか、そのとき、その瞬間が到来したら、持ちたいバックです。
[PR]
by ringo-star2 | 2009-01-14 03:32 | バック達