ブログトップ

いつでも、どこでも、アメリカでお買い物!

ringostar2.exblog.jp

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

嬉しい空振りとルルレモン

約2400キロの旅からカナダに帰って来ました。 
2日かけての車での旅です。 景色の変わらないドライブはいい加減、飽きます。

今回は、途中で米国大使館に寄り書類を提出しました。大使館のHPだと、書類提出後は、6~7ヶ月ほど手続きに時間がかかり、最終審査の面接が8ヶ月過ぎになる。その間、米国への入国を一切禁止する! 入国は不法になり、強制送還されると書いてあったから、今まで提出を延び延びにしてきました。

で、今回直接担当の人に、恐る恐る、勇気を振り絞って、

私    「米国への入国は出来ないんですか?」
担当者 「観光目的なら入国しても良いよ」
私    「HPだと、入国は不法になるってあったけど・・・」
担当者 「全然、大丈夫だよ!」

うっそ~~~ 
今までビビッていたのは何だったのか・・・ すごく空振りした気分で、鳩が飛びました。

担当者の説明だと、米国へ引越し目的では入国できないけど、普通の観光目的なら3ヶ月まで入国できるということでした。

その帰りに、モールに行き、人気のH&Mとルルレモンのお店をチェック。

まず、H&M。春に行ったときも気になったのですが、店内は商品が散乱しており、服が床に落ちているほど。富士山みたいに、遠くからみると服は可愛いけど、手に取ってみると質がイマイチ(ひどい)・・・。値段は安いけど、1年着たらクタクタになりそう。GAPの方が3倍ほど丈夫そうでした。 銀座店は別商品を扱っているのだと信じています。

気を取り直してルルレモンへ。小さい店内なのに、人人人です。現地価格も決して安くはないけど、すごく混んでいました。そんな人だかりから、セール品を発見。4点ほど購入しました。バイマで出品しています。



b0153464_7183288.jpg
 薄手のフーディーです。グレイ色にジップとフードのロゴマークがピンクオレンジ色になっています。薄手なので、フーディーを着たまま運動しても大丈夫です。サイズ6のみあります。カナダ国内価格:$98ですが、バイマ価格は送料込みで9800円です。。セール★ルルレモン★フーディー・6



b0153464_720630.jpg

ちょっとぼやけていますが、ルルレモンの一番人気のVタンクです。紫色に右胸にサークルの模様が入っています。バックの首部分がメッシュになっており、汗をかいても乾きやすくなっています。サイズ6のみです。セール★ルルレモン★Vタンク・6


b0153464_7232485.jpg

とても履き易いルルレモンのクロップ。どんなトップにも合うブラック色です。部屋着としても重宝する一枚です。サイズ4のみです。セール★ルルレモン★クロップ4

フラフープでの運動は限界を感じ始めたので、売れなかったら、3点を着てジムにでも通います! 
[PR]
by ringo-star2 | 2008-09-30 07:44

アメリカ、さよなら・・・涙・・涙・

明日から旅路につきます。

予定では、しばらくはアメリカに戻ってきません。例外で入国が許されるけど、いつ再入国かはまだ未定です・・・。 ということは、バイマもあまり出来ず、悲しい~

次回の入国は、グリーンカードと共に戻ってくるのでどんと構えて米国に居座るつもりです!

それにしても、米国のこの大大赤字は凄いです。10兆ドルの負債だとか・・・
テレビで経済学者が「大丈夫」みたいなことを言っているけど、破産寸前の両親が子供に「大丈夫」と言ってる感じだと思ってしまいます。寝ても覚めても経済が心配で心配でずっと考えています。 日本のバブルが弾けた時とは比べられないほどの大規模ですよね。正直、どれだけすごくなるか本当に怖いです。ところで、グリーン活動中のアル・ゴアさんが管理している温暖化基金の一部がリーマンブラザーズに投資していたらしく、悲しい結果になっているようです。この不景気で、エタノール用にとうもろこしを植えている場合ではなくなってます。食料確保で小麦を植えないとね。

ちなみに、ちょっと前までは、蜜蜂のことを心配していました。蜜蜂が不明の死を迎えているって知っていますか? 北米では、蜜蜂が60%くらい死んでいるんですよ。しかも原因不明で、2~3年後には農作物や生態系の影響を考えると寝ても覚めても蜜蜂のことを考えていたのですが、今ではすっかり私の極小の脳の片隅に追いやられてしまいました。しかし、蜜蜂も大変なことになっていますよ。カナダの自宅に夫の友人で研究のために蜂の巣をおいてあるのですが、全滅です。この市の蜂が全滅なんです。一部ではカビの影響だとか、遺伝仕組替え作物の影響だとか言われていますが、人類が月に行ける時代に蜜蜂の死が分からないって未知ですよね。日本でも蜂蜜の値段が上がっているみたいですね。

全く関係ないのですが、次回米国に入国する際に狙っている商品を下記に連ねました。
ホント、関係ないですね。

クロコのバック。いやいや、クロコ型の商品が流行っていますね。

b0153464_15104633.jpg

一番欲しいクロコのバック。これは一桁なければ、買うけど、セールでも絶対無理です。

b0153464_15183355.jpg

手が出そうなゴールドのクロコ型。シンプルさが素敵。

b0153464_15124118.jpg

書類を持ち運ぶのバッチリなクロコ。これは可愛い♪ でも使う機会が無いな。

b0153464_15133197.jpg

(絶対)買わないけど、クロコ型のタイツ。「イグアナになった娘」(?)という昔のドラマを思い出しました。

b0153464_15615.jpg

マークByマークジェイコブスのゴールドの時計。文字盤が●になっていたり、丸みが可愛い。

b0153464_15191459.jpg

ルブタンのベージュ色のパンプス。ある人が雑誌に、全身Theoryのホワイトで決めていて、靴がこのベージュだったのです。すごく素敵でした。シンプル中のシンプルさだったのですが、すっごい格好良かったです。シンプルパンプスはセールにならにのが難点です。

欲しい商品達を指をくわえながら、ず~~~~っと眺めて、次回の入国を待ちます。

次回は素敵な商品をたくさん紹介したいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
りんごスター★
[PR]
by ringo-star2 | 2008-09-24 15:29

ルルレモンの閉鎖

カナダ発のヨガウエア、ルルレモンが日本からの撤退を決めました。

b0153464_1336196.gif


私がいるカナダのある市なんて、国家ユニフォーム?と思うほど、沢山の人が着ています。カナダ人は自国愛が非常に強いので、カナダブランドは国民がものすごく支持しています。

去年まで、CEOは日本に12店(?)を2010年までに展開すると言っていたのに・・・

まあね。カナダドルが強くなったし。 昨年ルルレモンをバイマで販売したときに、説明欄に、ドルの影響で日本ではウエアが値上げされる可能性が高いです。今のうちがお得です、みたいなことを書いたけど、撤退しちゃうとちょっと悲しいです。

10年前まで1ドル65円だったのに、今では105円ぐらいですかね。

自国愛と言えば、日本や他の国を観光している白人さん達が自国の国旗のバッチをカバンや服に付けていることを見かけたことありますか? もちろん、理由は自国への誇りですが、それより重要視しているのは、アメリカ人に思われたくないからなんですよ。特にカナダ人は、強烈な反米国だから、絶対米国人に見られたくないようです。大学でも反米国を教わったし、米国批判をすれば論文の点数が良かったり、お隣の国を相当毛嫌いしていますからね。

上記は、ルルレモンとは関係ないけど、ルルレモンを出品しようかな。でも、セールやらないからな~
[PR]
by ringo-star2 | 2008-09-22 13:40

エビフライ

食べ放題に行ってきました。食べ放題だけど、ローストビーフが美味しいので目的は牛です。
でも、エビの話です。

食べ放題って人の隠れた性格が出ますよね。今回は、エビフライの前で人間の本性が現れました。

ちらっとエビフライの容器を見ると、大体30匹あるかないで、もう少しで無くなる寸前でした。
一人の女性がエビフライの前で仁王立ちしています。その後には、私と他のお客さんが3人ほど並んでいました。この4人からは全身全霊で「全部海老を取るな、残しとけ~~~!」のオーラがひしひしと漂っており、4人の緊張感と連帯感すら感じました。

・・・が、悲しいことにオーラは全く効かなかったようで、女性はお皿からこぼれるほどの海老を取得してしまったのです。もちろん後に4人が並んでいるのは承知のことです(ちら見を何度もしていた)。

最終尾のお客さんは諦め、えび対戦から撤退。残りの海老はたったの6匹です。この中途半端な数から、私は一匹、後ろの人が2匹、次の人が3匹(最後まで観察してました)。まるで傷を舐めなうかのように、3人の連帯感は途絶えずお互い遠慮しながら、無事に分け合うことが出来ました。

この女性は何を考えているのか・・・ 最大のミスを起こしたことに気が付いていないと思います。
① エビフライが無くなる=少し待てば次の揚げたてのエビフライが食べられる。
② フライを25匹くらいいっぺんに食べたら、胸焼けを起こす可能でが高い。
③ 全部取っちゃおうという隠れた性格を私に観察された(あまり関係ないですが)。

③のような性格の人は必ずどこにでもいると思います。このような方がいる限り世の平和はあり得ないなと思いました。

次にその現場に行ったときは、揚げたてのエビが大量にお皿に盛られていたので、2回戦はありませんでした。揚げたてを4匹ほど堪能し(もちろん牛も)、自分との限界への戦いも無事終戦し、食べすぎに後悔しながら帰路につきました。

b0153464_15321744.jpg

[PR]
by ringo-star2 | 2008-09-19 15:38

得した気分です♪

天気が良く、隣町に行ってきました。
ここの州の人って、たぶんヒッピー系が半数以上です。40年前から来たんじゃないかという服装の人が多いです。長髪、ポニーテールのおじさんも頻繁に見かけます。良く行く郵便局の受付のおじさんは、暑いときには、長髪をお団子にしています。良い意味で個性的、悪い意味で変わっている人が非常に多いです。唖然とすることも多々あります。

そんな中、町をぶらぶらしてたら、可愛いお店を発見し、肌触りがすごく良いカシミアに遭遇しました。赤ちゃん用のブランケットだったけど、首に巻いたら希望通りの長さで、ずっと探していた短めマフラーに丁度良いと思い、一瞬で惚れました。店員さんが、真っ赤なノースリーブワンピに5連の真珠ネックレス、シャネルのピアスをしていて結婚式にでも行くかのような装いがとてもパリっぽくて(想像です)可愛く、店員さんにも惚れ即購入。

b0153464_5131889.jpg


聞いた事がなかったんですが、ブランド名は「Rani Arabella」。グーグルで名前を検索したら、1999年にNYで生まれたNYのカシミヤ専門店のようです。イタリアでデザインされ(NYは関係ないよななんて思ったり)、世界の最高級カシミヤのみを使用しているそうです。 赤ちゃん用のブランケットは、大人用より軽めのカシミヤを使ったり、カシミヤへのこだわりは相当のようです。

検索結果で、もうビックリしたのは、高い!! 大人用のブランケットは$900以上で、他の商品もめちゃくちゃ高い! 一番安そうな品がクッションで$290!  

ちなみに赤ちゃん用は$190でした・・・。 このブランドの中では一番安いと思われます。
ちょっと得した気分になりました。

「それ、ブランケットじゃない?」なんて聞かれても、めげずに巻きます。

b0153464_593372.jpg

[PR]
by ringo-star2 | 2008-09-15 05:17

9月11日

今でもあの時の衝撃を覚えています。

b0153464_16302387.jpg


授業に行く前の朝のニュースで知りました。あまりに現実味を帯びていないので、発生時には実感が無かったのですが、授業を終えて直ぐに家に帰り、詳細を知りました。映画以上の光景でした。

ルームメイトの親友がトレードセンターに勤めていて、凄く心配していました。幸い、友人は出張帰りで服が無く、洗濯していた下着も乾かなく出勤には遅れたそうで、最悪の事態は免れたそうです。ルームメイトは涙を流し安心していました。

ある新婚の奥さんがいつもより早くワールドトレードセンターにある事務所に出勤したそうです。旦那さんには内緒で市販の妊娠検査を試すためでした。検査をした結果、妊娠していると判明し、即刻旦那さんに電話して幸せ報告をしました。2人ともすごく喜んでいる最中に、奥さんの「飛行機がビルに向かってくる・・・」。 これが最後の言葉だったそうです。

素で悲しいくなります。
[PR]
by ringo-star2 | 2008-09-12 16:34